ホーム > ベアリング用語集

ベアリング用語集

アキシアルクリアランス(軸方向すきま)

内輪と外輪の軌道面間の軸方向に対して自由に移動できる距離。内部すきまのあるベアリングは、アキシアルとラジアル両方のクリアランスがあります。

アキシアル荷重

アキシアル荷重とは、ベアリングの回転軸と平衡にかかる荷重。スラスト荷重とも呼ばれる。

定格荷重

動的荷重は、”C”で表す理論上、百万回転に耐える荷重です。静的荷重はボールまたは軌道面が、永久変形する直前までに耐えられる荷重です。

直径の公差

内径または外形の平均値の寸法幅。Reali-Slim ベアリングは低剛性リングとみなされ、すべての直径は ABMA Std.26.2 による多点測定方法による平均値です。

ダイアメトラル クリアランス(直径方向すきま)

ラジアルクリアランスとも言う。ラジアル方向(直径方向)に存在するベアリングの内部隙間。XとCタイプベアリングは組み付け前のすきまがあります。

変位

荷重を受けたときにベアリングの構成部品が、圧縮されたり引き伸ばされたりすることによる移動量。

ピッチ円

ベアリングにおいては、回転体の中心が描く理論上の円。リアリスリムのピッチ円は外径+内径の二分の一。

モーメント荷重

ベアリングシステムにかかる荷重で回転軸を角度をもって曲げる荷重。

予圧

外力が加わる前に回転体に加えられた荷重。XとCタイプはボールと軌道面のすきまを工場でコントロールすることで予圧が設定できます。アンギュラコンタクトベアリングの予圧は、組合せた軌道面の予圧ギャップによりコントロールできます。締まりバメにより最終的な予圧量は増えます。予圧はベアリングの剛性を上げアキシアル、ラジアルすきまをなくしますが、荷重がボールの摩擦を増やし L10 寿命を短くします。

振れ

アキシアルまたはラジアル方向の軌道面の厚みの最大変位量。振れは回転体のくり返し位置変位に影響をおよぼします。

ラジアル荷重

ベアリングの回転軸に直角にかかる荷重。

当社では仕様に応じたベアリングの提案を行っております。 株式会社 木村洋行 第2事業部  TEL 03-3213-0255 FAX 03-3213-0470 受付:9時縲鰀17時/土・日・祝日を除く